スプレッドを比較してFX(外国為替証拠金取引)口座を開設しましょう

スプレッド比較でFX業者を(低コストで外国為替証拠金取引)
トップページ | 相互リンクと問い合わせ |

スワップ金利とは

スワップ金利 = スワップポイントとも言います。

例えば、金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買う取引を行った際に受け取れる「金利差分」をスワップ金利(スワップポイトン)と言います。
逆に、金利の高い通貨を売り、金利の低い通貨を買った場合、スワップ金利分を支払うということになります。

●具体例でスワップ金利を計算してみましょう。
例えば、円を売って1万ドルを買った時の米国の金利が4.75%、日本の金利が0.5%と仮定します。
4.75%-0.5%=4.25%がスワップポイントとなります。
スワップポイントは1万ドルにつき年間で425ドル、1ドルを100円と過程すれば、日本円で42,500円となります。
これを365日の日割りで計算すると42,500円÷365日=約116円となります。
1日につき約116円のスワップポイントが受け取れるということになります。

スワップポイントは変動します。通貨ペアによってもスワップポイントは違います。また同じ通貨ペアでもFX業者によって多少違います

FX取引の仕方の一つに、スワップ金利を得ることを目的とした長期保有のトレードがあります。
高金利の通貨を保有し、日々のスワップ金利を得るオーソドックスな取引です。

スワップ金利目的の長期保有だからといって、為替相場のチェックを怠る人がたまにいます。しかし、大きな為替相場の変動があると、スワップ金利分が一瞬で吹っ飛んだり、ましては損失を追いかねない事態になりますので、スワップ金利目的の長期保有だからといって為替相場はある程度気にかけておく必要があります




▲ このページのトップへ

低スプレッドのFX業者
 GMOクリック証券FX
 FXブロードネット
 みんなのFX (トレイダーズ証券)
 ヒロセ通商
 外為オンライン
 マネックスFX
FX取引の豆知識
 FXを始めるにあたって
 デモトレードをやってみよう
 少額手ではじめてみる
 証拠金とは
 スプレッドとは
 レバレッジについて
 スワップ金利(スワップポイント)とは
 成行注文とは
 指値注文とは
 FX関連ニュース
リンク
 相互リンク依頼とお問い合せ
 お役立ち相互リンク集(1)
 お役立ち相互リンク集(2)
 お役立ち相互リンク集(3)

 
 
 

 
Copyright(c)2008 スプレッド比較でFX業者を All Rights Reserved.